流産が最も多いとされるのは妊娠初期です。
何故起こってしまうのか、原因は特定できていません。
12週目までは受精卵に原因があることが多いそうで、ママが防ぐことは難しいといわれています。

とはいえ、予防できることはしておきたいですね。
そこで、流産を予防するための3つのポイントを紹介します。

-------------------------------------------------------
ポイント①
-------------------------------------------------------

葉酸をしっかり摂りましょう
葉酸を摂ることにより流産や早産をするリスクが減ったという報告もあるそうです。

また、タンパク質や新しい細胞を作るのに必要不可欠な栄養素です。
胎児が正常に発育するために必要不可欠な成分だそうです。
妊娠初期は胎児の臓器を作っている大切な時期でもあるのでしっかりと摂りたいですね。

-------------------------------------------------------
ポイント②
-------------------------------------------------------

身体を温める
身体を冷やすと血流が悪くなり、胎児に栄養を届ける胎盤がにしっかり酸素や栄養が届かなくなってしまいます。
身体を温め、血流を良くするために適度な運動がおすすめです。
適度な運動とは、自身が「気持ちがいい」と思える程度の運動です。
運動によってストレス解消にもなりますので心にも良い影響が得られますね。

-------------------------------------------------------
ポイント③
-------------------------------------------------------

たばこは流産だけでなく、早産や胎児の発達遅延などの原因にもなります。

タバコは絶対に控えましょう。
また、自分が吸っていなくても周りの煙を吸ってしまう場合がありますね。
レストランなどに行っても喫煙席に座る。
マスクをしてなるべく吸わないように気を付けましょう。

妊娠をすると以前とは身体が変わってきます。
無理をせず、頑張りすぎないでくださいね。
異常を感じたらすぐにかかりつけの産科に行きましょう。

関連するまとめ

自分を追い詰めないで!育児を楽しむポイント

待ちに待った待望の赤ちゃん!笑っている姿はもちろん、泣き顔さえ可愛いくて毎日どころかずっと見ていたくなります…

KINACO / 1792 view

陣痛がくる周期について知っておこう!破水や出血など注意すべきポイント

破水?出血?出産するときはどういった状態になるの?これから出産を控えている方に、覚えておいてほしい陣痛の周期…

めぐ / 2434 view

出産に向けた心の準備!陣痛や分娩へのワンポイントアドバイス

出産へ向けてワクワクしているというご夫婦も多いですが、中には不安ばかり抱えているご夫婦もいらっしゃいます。 …

みき / 3637 view

関連するキーワード