妊娠中は好き嫌いが変わる?

妊娠中は食べ物に対しての好みが変わります。つわりがあり、中々思うように食べられないという方もいますが、ついつい食べ過ぎてしまい主治医から体重制限を言われたという方も多いでしょう。

結婚してから太ったという方は、特に妊娠中は体重制限を気にしなければいけません。好き嫌いが変わるということですが、妊娠中には美味しいものはより美味しいと感じ、NGなものはよりダメと感じるようになるのです。

梅干しが無性に食べたくなる人もいれば、ミカンばかり食べてしまい主治医に下痢をしないように控えた方が良いと制限される方もいます。

妊娠中に避けるべき食べ物

妊娠中は、アルコールはもちろんですが神経を興奮させる働きがあるカフェインも避けるべきです。紅茶やコーヒーが大好きだという方も多いかもしれませんが、カフェインや利尿作用のある飲み物は避けるべきです。

ハーブティやたんぽぽ茶など、母乳にも母体にも良い飲み物を飲むようにしましょう。また、食べ物は刺激の強い食べ物、辛い食べ物は避けた方が良いでしょう。塩分の取りすぎにも注意して、野菜もしっかり食べて栄養バランスを良くします。

妊娠中に進んで食べるべき食べ物

妊婦さんにおすすめの栄養素といえば、ビタミンKや葉酸、カルシウムなどです。ビタミンKは納豆に含まれています。赤ちゃんの出血を抑制するビタミンと言われており、消化器官の出血予防にもなります。貧血気味の方は鉄分が豊富なレバーがおすすめです。

生レバーは禁止されてしまいましたが、焼いたレバーも鉄分が豊富。とはいえ、動物性葉酸が含まれているので過剰摂取は厳禁です。食べた方が良い食材は多々ありますが、いずれも「食べ過ぎないようにすること」が大切です。

まとめ

妊娠したからと言って、食生活をガラっと変えるのはとても大変!そう思う方が多いでしょう。外食が好きな方がいきなり和食中心にするのは難しいですよね。

でも、妊娠中は食べ物の好みも変わり、食べる量も変わります。好きなものを食べるのが一番ですが、やはりここは子どものため。栄養バランスの良い妊婦向けの食事を選ぶようにしてください。

関連するまとめ

妊娠中のストレスは大敵!ママのストレスが赤ちゃんに及ぼす影響って?

妊婦さんはつねに、たくさんのストレスに苛まれています。「赤ちゃんは順調に成長してるの?」「流産しないで無事に…

KINACO / 1352 view

人気急上昇中!里帰り出産の魅力!

最近では親子三世帯で生活するような家庭は少なくなりましたが、出産の時だけ帰省する里帰り出産の人気は衰えていま…

KINACO / 1920 view

出産したらどうする?妊娠中に考えておきたい保育園のこと

出産したら新生児の間はずっと育児に追われるわけですが、早い子は生後6か月頃から保育園へ通います。働かなければ…

みき / 1836 view

関連するキーワード