子どもの将来は親の育て方によって大きく左右する!?

子どもが将来しっかりとした大人になるかどうかは、幼少期の子育て方法に大きく左右されます。親は子どもが生まれた瞬間から責任が与えられますので、プレッシャーで育児ノイローゼになってしまう方もいます。

「子は親を映す鏡」という言葉があるくらい、親の子育てが子どもの人格形成に大きな影響を与えます。もちろん育つ家庭環境や親の性格などもありますので、同じ育児方法とはいきませんが、現在子どもに話しかけている言葉や態度が将来の子どもの性格を変えてしまうという可能性があることを理解してください。

子どもの失敗を喜んで!

ジュースをこぼしてしまったり、ご飯をボロボロ食べてしまったり、大事な物を壊してしまったりと、小さな子を育てるのは本当に大変です。

「なんでダメだと言う事をわかってくれないのだろう?」とイライラしたり悩んだりしてしまうのは当然です。でも、子どもは毎日失敗を繰り返して、大事なことを学んでいくのです。

ダメと言われた事を繰り返し行う事で、何がダメなのかをしっかりと理解できるようになります。最初は思い通りに行かなくても、徐々に理解出来るようになっていきますので、子どもの失敗も温かく見守り、育児を楽しむようにしていきましょう。

叱る事よりも褒める事で成長してもらおう

お子さんは叱られてばかりいると内向的な性格になってしまう可能性が高くなります。出来なかった事をお話しするより、出来るようになった事を沢山褒めてあげた方が自主性に富んだ感性を磨くことができます。

子どもは褒めてもらった事を何度もしようと頑張ります。例えば、散らかした事を怒るのではなく、ゴミを捨てられた事を褒めたほうが、散らかす事のない子どもに育ちやすいと言います。

「いいところを褒めて伸ばす」ことを意識してみましょう。

まとめ

子育ては言葉の選び方と話すタイミングで子どもに届く重さが変わってきます。どんなに激しく怒ったとしても、声を張り上げたとしても、びっくりして泣いてしまうだけで、子どもにはなにも伝わっていないと言う事があります。

子どもにとってどのような言葉が必要なのかを、しっかりと理解した上で話しかけてください。

関連するまとめ

家の中では大活躍!おしゃれな人気バウンサー3選

揺れることで安心して泣き止むと話題のバウンサー。今ではおしゃれなものも多くママが家事をしている間に赤ちゃんを…

mykee / 1475 view

子連れレストランってどうなの?外食を満喫するコツは事前準備にあり?

毎日家族のためにおいしいご飯を作っているママさんお疲れ様です。 自宅で家族と食べるご飯もおいしいけれど、たま…

himeno33 / 831 view

新米ママさんは注意!育児ストレスを抱えないコツ

子どもを育てる方法は一つではありません。100人のお母さんがいたら100通りの子育てがあります。色々と悩む事…

KINACO / 704 view

関連するキーワード