妊娠すると身体の中でなにが起こるの?

女性は妊娠すると、プロゲステロンという黄体ホルモンが大量に分泌するようになります。プロゲステロンは、赤ちゃんを体内で成長させる為に、女性の身体を変化させていくのに必要なホルモンです。このホルモンの分泌によって、妊娠初期は体調の変化が著しい時期になります。

妊娠初期に起こる体調の変化で有名なものは、つわりです。強烈な吐き気に襲われる場合や、食べ物の匂いすらダメな場合があります。

つわりになってしまった場合には、食べられそうなものを少量でもゆっくりと摂取する必要があります。

貧血には要注意!!

妊娠中にもっとも注意しなければいけないのが貧血です。妊婦は赤ちゃんに鉄分を優先的に与えるので、どうしても鉄分不足になりがちです。

そのため、貧血になりやすい状態が続いてしまいます。妊娠中はただでさえバランスを取りにくい体型ですので、貧血を起こしてしまうと母子ともに危険な状況に陥ることも。

貧血にならないためにも、妊娠中は鉄分の多いひじきやレバー、ほうれん草などを積極的に摂取する必要があります。また、貧血がひどい場合は、病院から鉄剤を処方されることもあります。

後に残りやすい妊娠線の予防方法

妊婦さんが恐れる妊娠線は、できてしまってからでは対処する事が難しいと言われています。その為、妊娠線の予防に関しては妊娠初期から、定期的にケアを行う必要があります。

妊娠線を予防するためには、市販されている妊娠線予防用のクリームやオイルを色々と試してみて、自分に合っている物を使うことが必要になります。

手が届きにくい場所に妊娠線ができた場合には、旦那さんにクリームの塗布を手伝ってもらってください。クリームを塗る過程で大きくなったお腹を触る事で、男性はより父親としての自覚を持つようになります。

まとめ

妊娠は体調が優れなかったり、貧血になることも多いので、「思い描いていた幸せなマタニティライフとはかけ離れてる…」と思うこともあるかもしれません。

でも、正しいケアを行っていれば、症状を改善させ安定させる事ができます。この不安定な時期を乗り越えるためには、旦那さんやご家族の協力は不可欠です。

無理せず自分のペースで、ゆっくりとお腹の赤ちゃんと過ごしましょう。

関連するまとめ

出産の兆候がおりものでわかる!こんなおりものが出たら生まれる寸前!?

お産はいつ始まるかわかりません。主治医でもはっきりとわかるわけではないため、「出産予定日」というものがあるの…

しおりーぬ / 11765 view

自分を追い詰めないで!育児を楽しむポイント

待ちに待った待望の赤ちゃん!笑っている姿はもちろん、泣き顔さえ可愛いくて毎日どころかずっと見ていたくなります…

KINACO / 1004 view

妊娠超初期とは?今月生理が来ないのは妊娠?

「今回の排卵で妊娠したい」そう計画をして妊活をされている方以外、ほとんどの方は「今月生理が遅いかな?」「つわ…

しおりーぬ / 984 view

関連するキーワード