育児休暇申請の流れ

育児休暇をとる時は通常、「育児休業所得者申請書」を提出します。育児休業給付金や、手当、助成などの申請手続きが必要ですから、会社の経理の方に必ず聞きにいきます。

必ずもらわなければいけない書類は、育児休業基本給付金申請用紙と、受給資格確認票などです。申請が済むと、休みに入ります。育児給付金が支払われるタイミングは自治体によって異なりますから、必ず確認をしましょう。

社会保険料は免除されます。妊娠中に安心して生活ができるように、この手続きだけは怠ってはいけません。

仕事復帰の流れとタイミング

通常、産後に体の調子が元に戻るまでに半年かかると言われています。産後1か月は体も心も疲労困憊です。慣れない育児と出産の疲労に追われて、時間が流れるように過ぎていきます。生後1か月になるとだいぶ落ち着きますが、しなければいけないことはどんどん増えていきます。

だいたい仕事復帰される方は、早い方で赤ちゃんが生後6か月の頃から、遅い方は幼稚園入学と共に復帰されます。産後2か月から働いているという方も多いですが、産後に無理をすると更年期に入った時に体に響くと言われています。産後は半年間程度、「慣らし運転」をすると考えておいてください。

育児と仕事を両立できるか心配

今まで仕事一筋だった女性が、いきなりママになり、そして再度仕事を始める。これは言葉にすると簡単ですが、中々育児と仕事の両立は簡単ではありません。育児で失敗することもあれば、仕事ではミスばかり。

仕事復帰をしてもわからないことや、オロオロしてしまうことばかりで、最初の1か月は慣れるまでの期間だと考えてください。

仕事に100%の力を注ぐのは簡単ですが、育児50仕事50はとてもではありませんが、不可能です。仕事も育児も「手抜き」が大切だということを覚えておいてください。

まとめ

しっかり働いていたころと比べると、妊娠中はおだやかで何もない1日を過ごしているように感じるはずです。

そこからいきなり仕事復帰をして、いったい自分はどれだけ出来るのか、誰でも不安に思うものです。妊娠中は育児と仕事、どちらからも離れた世界にいますが、これから共に生活する大切な赤ちゃんが宿っているのですから、不安ばかり考えずにワクワクするような楽しいことを考えましょう。

関連するまとめ

子どもへの声かけレッスン!妊娠中から始めたい「子育て」をご紹介!

子育ては妊娠中から始まるといっても過言ではありません。赤ちゃんはお腹の中で10か月間、お母さんと一緒に生活を…

めぐ / 769 view

自分を追い詰めないで!育児を楽しむポイント

待ちに待った待望の赤ちゃん!笑っている姿はもちろん、泣き顔さえ可愛いくて毎日どころかずっと見ていたくなります…

KINACO / 720 view

おさまらない吐き気!どうすれば楽になる?

妊婦さんの約70%以上の方がつわりを経験します。妊娠初期だけつわりを感じる方もいれば、中期頃、臨月頃になって…

しおりーぬ / 724 view

関連するキーワード