妊婦健診の目的とは?

妊婦健診の目的は、妊娠初期から出産までに起こる可能性のある様々なリスクを事前回避したり、心配事を解決する為の健診になります。

検査の目的はそれぞれ違っていて、初診は妊婦さんの健康状態の確認と妊娠週数の確認が主な目的ですが、赤ちゃんが大きくなるにつれて、流産や切迫流産の可能性の確認や、胎児の発育状態の確認や羊水量の確認などを目的に検査がおこなわれます。

出産が近づくにつれて、徐々に妊婦健診の周期が短くなっていきます。

実際の妊婦健診の内容

妊婦健診は妊娠してからの期間によって検査内容は異なりますが、子宮底長、腹囲、尿糖、血圧、体重、浮腫などの検査は、ほぼ毎回おこなわれます。

また、健診前に病院のお手洗いでお小水をとり、尿たんぱくや糖尿などの検査や血圧測定もおこなわれます。

検査した内容は毎回、母子手帳に記入して行きます。この他にも「BMI」とよばれる肥満度をチェックする値を算出する為に、身長を計測したりします。病院によっても検査内容が異なる場合がありますが、どの病院でも大体は同じ検査がおこなわれます。

妊婦健診の気になる費用は?

妊婦健診は、病気の治療ではありませんので健康保険が適用されません。

その為、妊婦健診は実費と言う事になります。妊婦健診は基本的に約5,000円なのですが、血液検査が必要になる場合には、約10,000円から高い時には約15,000円程度の費用はかかる事になります。妊婦健診の回数にもよりますが、大体100,000円から150,000円程度かかる計算です。

これはかなりの出費になると思いますので、家計的には痛いかも知れませんが、母子共に健康的に出産する為に必要な事ですのでしっかりと健診を受けてください。

まとめ

母子手帳を貰う時に「妊婦健康診査受診票」という妊婦健診の割引券のようなものを貰う事ができます。

これにより、妊婦健診にかかる費用の合計は50,000円から10,000円程度に抑えられます。体調を崩してしまうと余計にお金がかかってしまうので、我が子のためにもしっかりと通うようにしてください。

関連するまとめ

おっぱいが出ないのは母性がないから…?出産直後の母乳の仕組みについて

出産する前からおっぱいが出る人もいれば、出産直後もなかなか母乳が出ずに困る方もいらっしゃいます。 「母性が…

しおりーぬ / 1465 view

出産祝いに喜ばれる「気がきく」ギフト ママ編

出産祝いは、いつも「ベビー」へ。 一生懸命うまれてきてくれたけど、ママだって一生懸命頑張ったんだから「ママ」…

mykee / 2126 view

妊娠したことを友人や親せきに伝えるタイミングは?

妊娠おめでとうございます!旦那さんには皆さんすぐに伝えられたと思いますが、会社の方、家族、友人などにはもう伝…

めぐ / 940 view

関連するキーワード