中々母乳が出ないことはあるの?

出産直前から母乳が大量に出る方もいれば、出産してからも母乳の少なさに悩まれる方もいます。なかなか母乳が出ない時は、助産師さんから母乳マッサージを受けることができます。

母乳マッサージをしてもらうと母乳の分泌が促進されて、赤ちゃんが吸うことでより母乳が分泌されるようになります。一般的には、30㏄程度の母乳が作られるようになって、1か月、2か月と経つうちにより多くの母乳が出るようになります。

はじめのうちは誰でも少ないものですが、心配だという方は妊娠中から母乳マッサージをしておきましょう。

母乳が出なければミルクをあげることになる?

出産直後から赤ちゃんはお母さんの母乳を飲みます。特に出産直後の数日だけ分泌される、「初乳」と呼ばれる母乳は赤ちゃんにとって、とても必要な栄養素と抗体が入っています。

母乳が出ない時は、産院のほうで用意してもらったミルクを与えることができますが、通常の場合は、入院中にあまり母乳を飲まなくても赤ちゃんは平気です。お腹の中でしっかり栄養を蓄えているので、多少母乳を飲まなくても大丈夫なのです。

そのため、赤ちゃんは入院してから退院する頃までに体重が減っている、というのもよくあることです。

自宅でできる母乳ケア

妊娠24週目には、自分の乳首をチェックしてみましょう。赤ちゃんは吸いやすいか、乳首の長さが1センチあるか、柔らかいかなどをチェックしましょう。もし、乳首が硬い、長さが短い、ということなら母乳マッサージを始めましょう。母乳マッサージは今日からでも始められます。

乳液やオイルなどがあるとやりやすいですが、母乳マッサージは痛くない程度に乳首を揉んだり、つまんだりして伸ばすマッサージと、おっぱい全体を手で包み込んで柔らかくするというマッサージです。乳房を持ち上げるように、引っ張るイメージでマッサージをして痛くない程度に行いましょう。

まとめ

母乳マッサージは通常、臨月の時に行います。それよりも早いと胸が張るほか、お腹へ負担がかかるので避けた方が良いでしょう。

マッサージをするタイミングは、リラックスできる時です。お風呂に入って体が温まってから行うと、より効果も高まります。

関連するまとめ

出産前に知っておいて欲しい注意点!

妊娠中は胎児に影響が出てしまうからと、飲み薬はもちろんうがい薬も使用できない場合もあります。食事も偏食になり…

しおりーぬ / 1884 view

妊娠初期の流産を予防するための3つのポイント

授かった赤ちゃん。 流産したくないですよね。しかし、妊娠初期の流産は受精卵に原因があるといわれています。 と…

yama / 1672 view

悩みを相談できる場所を知っておこう!子育てに不安を抱える方の相談所

妊娠中は心配事や不安・疑問でいっぱいですが、妊娠中に戸惑ってばかりではいられません。出産すると育児に追われ、…

めぐ / 1857 view

関連するキーワード