夫婦だけの特別な日を作ろう

妊娠中の思い出作りはとても大切です。たとえば、大きなお腹の写真を撮っておくこと、デートをすること、カメラの写真はすべて現像しておくことなどです。

夫婦で付き合いがある友人または個人で付き合いのある友人には、必ず会っておきましょう。また、夫婦だけの時間も大切ですが、自分ひとりの時間もとても大切です。一人で趣味をする時間や、一人の時にできる時間もしっかりと有意義に過ごしましょう。

思う存分ダラダラと過ごし、夫婦2人の時間を満喫してください。

旦那さんの誕生日にサプライズを

妊娠中にもし、旦那さんの誕生日があるのなら、特別な誕生日にしませんか?

今までとは少し変わった、特別な誕生日会を開いてみてはいかがでしょうか。たとえば、友人を集めてサプライズバースデーなど、子連れだと行けないようなバーなどでサプライズバースデーをすると、旦那さんの一生の記念として残ります。

妊娠中はゆっくりできる時間もありますし、時間をかけて手作りのプレゼントを作るというのも素敵です。何か特別なことをしておくと、出産後に良い思い出として振り返ることができます。

夫からパパになってもらうためにできること

母親教室、父親教室、定期検診など妊娠中には産院へいく機会がたくさんあります。激務な旦那さんは難しいかもしれませんが、検診は毎回一緒に行く、など夫婦そろって妊娠中の時間を過ごすと、夫もパパになる心の準備をしっかり行えます。

パパは、「産む痛み」を実感することができませんから、どういった痛みなのか、妊娠中どんなことが辛いか、どんなことが嬉しいかなど、夫婦でたっぷり話し合って、有意義な時間を過ごしましょう。

まとめ

女性は子どもが生まれたらすぐに、「ママ」になります。子どもが生まれて育児にすることで、夫は「パパ」になるのです。

子どもが「パパ」と呼ぶまで1年の間、パパは育児に参加しなければパパだという実感を得ることができません。その間に、妻は子どもばかりに手がかかり、夫婦で過ごす時間も減ってしまいます。

仲の良い家族になるためにも、妊娠中に妻から夫へしておいたほうが良いことを、しっかりやっておきましょう。

関連するまとめ

出産に向けた心の準備!陣痛や分娩へのワンポイントアドバイス

出産へ向けてワクワクしているというご夫婦も多いですが、中には不安ばかり抱えているご夫婦もいらっしゃいます。 …

みき / 2631 view

痛みを乗り越えてこそ母は強くなる!知っておきたい痛みを乗り越える心構え♪

いろんな分娩方法がある現代でも、痛みを経験しない分娩はありません。無痛や帝王切開、自然分娩、どれも辛く苦しい…

めぐ / 1429 view

相談できる相手がいない…そんな時はSNSに頼ってみよう!

妊娠中は身体が重かったり、妊娠していない方との時間が合わなかったり、不妊治療をしている方に会い辛かったりと、…

KINACO / 943 view

関連するキーワード