揺さぶられっ子症候群とは?

産まれたばかりの新生児の頭の中には隙間があります。その隙間は、大きくなるにつれて埋まっていきます。新生児の時に頭を強く揺さぶると、その隙間の中で脳まで揺れてしまい、「揺さぶられっ子症候群」になってしまうのです。

揺さぶられっ子症候群とはその名の通り、強く揺さぶられることで起こる障害のことです。揺さぶられたことで脳に障害が起こり、歩けなくなった子もいます。赤ちゃんの頭蓋骨の中は隙間が多く、血管も切れやすい状態です。強く揺さぶる行為は、とても危険なのです。

高い高いをしたら揺さぶられっ子症候群になる?

赤ちゃんは生後4か月頃まで、首が座っていません。「高い高い」をするということは、両脇を抱えて持ち上げるということです。

首を支えていない状態ですから、揺さぶられっ子症候群を疑う前に、首の骨が折れるなど大惨事に繋がります。また、首が座ってからの「高い高い」も揺さぶられっ子症候群になる可能性が大いにあります。

小さいうちは、高い高いをしても喜びませんから、「高い高い」はただの大人のエゴです。パパはそういったあやし方をしてしまいがちですから、揺さぶられっ子症候群にならないためにも伝えておきましょう。

赤ちゃんに「高い高い」はいつからできるのか

妊娠中にお腹の中で揺れている赤ちゃんは、揺さぶられっ子症候群にはなりません。通常は、1秒間に5回程度のペースで前後に揺れることで揺さぶられっ子症候群になります。

激しい揺れじゃないとならないものですが、新生児は特になりやすいです。「高い高い」ができる目安は、自分で立って歩き始める頃だと考えましょう。それまでは、高さや怖さも知りません。高いところから落ちたら痛い、ということも理解していないうちは、「高い高い」というあやし方は必要ないでしょう。

まとめ

初めての育児に戸惑い、ダメなあやし方をしてしまう、そういったケースはよくあります。赤ちゃんを「たかいたか~い」と持ち上げるあやし方は、定番ですが新生児にはNGです。

妊娠中からしっかりと理解し、周囲の協力してくれる方にも注意しておきましょう。

関連するまとめ

泣き止まないわが子!どうすればいいの!?泣き止ませ方について覚えておこう♪

お腹の中に赤ちゃんがいることもスゴイことだけど、これから自分がママになるなんて信じられない!そんなことを言っ…

めぐ / 1760 view

育児はしつけだけじゃない!子どもにぴったりな塾の選び方

子どもが勉強していないと、親はどうしても不安に感じます。 そんなときの強い味方が塾。 小学生のうちから学習塾…

himeno33 / 2122 view

習い事は育児と子どもを見つめなおす絶好のチャンス!

こどもが成長する時期は親にとっても楽しい時期ですよね。 たくさんのことにチャレンジさせてあげたいと考えるのが…

himeno33 / 1800 view

関連するキーワード