妊娠初期の出血の原因

妊娠すると子宮粘膜は充血が起こりやすくなります。妊娠中に出血があるととても不安になりますが、出血があったからと言って何か病気やトラブルだ!というわけではありません。

特に妊娠初期の出血は、何もトラブルではないことも多々ありますが、中には流産や子宮外妊娠などのトラブルの可能性もあります。初期に出血があれば、量が少なくても主治医に相談をして内診をしてもらうべきです。

自己判断で済ませてはいけませんが、出血の目安として確認しておいた方が良いことをチェックし、主治医に伝えるとスムーズに診察を受けられます。

妊娠初期の出血でチェックすべきこと

まず、出血があったらすぐに主治医に連絡をしましょう。生理用のナプキンをつけて、慌てないよう病院へ向かいます。その際に、確認すべきは以下の5つのことです。

・妊娠周期
・出血の色や量
・お腹は張っているか
・出血の回数
・いつ出血に気づいたのか

出血があっても、エコー検査で胎児の心音が確認することができたら問題ありません。あまり心配のない出血もありますが、万が一のことを考え出血の詳しい原因を覚えておきましょう。

出血の具体的な原因!

あまり心配しなくても良い出血の原因として、絨毛膜化血腫という症状があります。これは、切迫流産の症状の一つです。

流産と聞くと怖いですが、症状が治まったら何も問題はありません。月経様出血や子宮膣部びらん、子宮頸管ポリープなども問題ない出血ですが、必ず医師の診断を仰ぎます。

トラブルの可能性がある出血は、胞状奇胎または子宮外妊娠です。どちらも異常があれば、手術が必要ですが子宮外妊娠についてはもう1つの卵管に異常がなければ再度妊娠することも可能です。

まとめ

妊娠初期の出血はとても怖いものです。赤ちゃんの心音や胎動を感じることができない時期ですから、どうしても不安になります。

ですが、出血を見て不安に思っているその「ストレス」は赤ちゃんも感じているのです。落ち着いて行動、はできないかもしれませんが、赤ちゃんのためにも安静にして、慌てないよう産院へ向かいましょう。

関連するまとめ

妊娠中の食事制限で気をつけたいことや栄養バランスのお話♪

「幸せ太り」という言葉がありますが、これは結婚されて幸せになり、太ってしまった方を表します。たいていは旦那さ…

みき / 719 view

里帰り出産するときに考えておきたいことは?

出産する時には、もしもの時の為に実家に帰る里帰り出産を望む方も増えています。お腹が大きいとどうしても家事を行…

KINACO / 728 view

ママになる前に妻として出産前にしておきたいこと

妊娠中は時間があっても、出産するとどうしても育児と家事に追われて、旦那さんを気遣うことが少なくなってしまいま…

みき / 1061 view

関連するキーワード