女性の平均体重・BMI・体脂肪って知っていますか?

BMI(体格指数)と体脂肪はダイエットの目安として知られていますが、実は、生理・排卵・妊娠・骨密度・介護など、女性の生涯の健康と密接な関係があります。BMIは、不妊の大きな原因である排卵障害と相関があり、高すぎても(25以上)低すぎても(19未満)排卵障害のリスクが高まります。

AMHに関する報告も。

卵巣予備能といわれる卵巣年齢(AMH)の高齢化要因としても、肥満と痩せの双方が報告されています。
ハーバード大学が10万人の看護師を12年に渡り追跡調査し、妊娠した群とそうでない群に分け、体型やsよく生活に関して分析した結果、もっとも排卵障害が少なかったゾーンはBMI20~24であることが報告されています。

アメリカ人と日本人では体格が違うことから、日本で2500名の妊婦BMIを調査した結果妊娠前のBMIと赤ちゃんの出生体重は相関することがわかったとのことです。

体脂肪だって、女性にはとても大切。

BMIだけに着目せず、体脂肪もみてみましょう。
体脂肪も女性の健康とは切っても切り離せない関係にあり、特に、生理とは密接な関係があります。

女性は体脂肪は17%未満にしてしまうと、月経不順、排卵障害、無月経のリスクが高まり、10%に近づくほどにそのリスクは上がってしまいます。しかし、高すぎることも問題です。

体脂肪もBMIと同様で婦人科疾患のリスクを高めてしまうかもしれないので、適正でいるように意識してみましょう。

適正BMI・体脂肪を知ろう!

《BMI》
14-19:BMI19未満痩せ型・ダイエットも避けたいゾーン
20-24:BMI理想型・妊娠積層ゾーン
25-36:BMI25以上肥満・排卵障害のリスクが高め

《体脂肪》
14-21:21未満痩せ型・ダイエット中の避けたいゾーン
21-28:28未満痩せ型・理想
28-35:35未満・適正を考えてみて
36~ :排卵障害のリスクが高まります。

まとめ

自分の体重と向き合うことで、妊活にも繋がります。
できることは自分でしっかり管理し、赤ちゃんを迎え入れてあげましょう。

関連するまとめ

妊活中に葉酸がすすめられる理由

妊娠に必要な栄養素のうち、なぜ葉酸をすすめられるのでしょうか? 葉酸の役割や、食事での摂取の難しさを説明。 …

yama / 760 view

着床率UP!?冬の妊活オフィスファッション

妊活女性にとって「冷えてはいけない」というのは周知の事実。でも広いオフィスだと暖房は行き届かないし、寒さも限…

mykee / 1145 view

Let’s妊活!妊娠するために生理を見直そう

妊娠するためには、まず生理がきちんときていないといけません。妊活準備のためにも生理の基礎知識をしっかり覚えて…

mykee / 2400 view

関連するキーワード