妊娠できる7つの秘密。それは食生活

今できている体は、自分の食べたものでできています。
ですので、食生活を見直すことでも「妊活」ができるかも!?
日頃の食生活や食べるものをちょっとずつシフトチェンジしていきましょう!

※Harvard Nurse Helth Study(看護師健康調査)とは、ハーバード大学が12万人の看護師を8年にわたり追跡調査した大規模疫学調査。妊娠の可能性がある看護師たちの食生活や生活習慣を調査し、月経・排卵・妊娠に与える可能性を明らかにした研究より。

1か条:精製された炭水化物を減らしましょう

小麦粉や白米などの精製された炭水化物は血糖値が上昇しやすく、これらを食生活でよく食べる女性は、未精製(全粒粉や発芽玄米)の炭水化物を良く食べる女性に比べて排卵障害による不妊のリスクが55%高くなるとの報告も。

2か条:良い油を摂り、悪い油を避けましょう

魚油を代表とする良質な油(不飽和脂肪酸)を摂り、摂るほどに排卵障害のリスクが高まるトランス型脂肪酸を避けましょう。マーガリン・ポーションミルク・ショートニングは避けた方がベターです。

3か条:乳製品は無調整のものを選びましょう

低脂肪乳はヘルシーですが、乳製品に含まれる乳脂肪と水分には異なった成分が含まれていて、乳脂肪を除去することは男性ホルモンの増加に繋がる可能性があります。

4か条:植物性タンパク質に注目しましょう

出典:http://bui.jp

一食あたり手のひらいっぱいのタンパク質を摂りましょう。植物性タンパク質である大豆を取ると排卵性不妊に対して予防効果があります。魚と卵と肉はバランスよく摂りましょう。肉に偏りすぎないことが大切です。

5か条:葉酸や鉄分を摂りましょう

葉酸と鉄分は排卵と妊娠をサポートする栄養素です。葉酸は少なくとも1日400μgを摂取しましょう。女性は鉄分を失いやすいため、サプリメントでの摂取がオススメです。

6か条:清涼飲料水を控え、水分を十分に摂りましょう。

関連するまとめ

Let’s妊活!妊娠するために生理を見直そう

妊娠するためには、まず生理がきちんときていないといけません。妊活準備のためにも生理の基礎知識をしっかり覚えて…

mykee / 2400 view

男性不妊のウソ・ホント《厳選8選》

不妊治療をはじめてみたものの、治療にいくのはいつも女性のほう。 彼にも、病院の先生にも聞けないからこそ不安が…

mykee / 1875 view

男性不妊のウソ・ホント《厳選8選 part.2》

なかなか男性不妊の聞けない噂話。でも本当はどれなの?人気のまとめ記事、男性不妊のウソ・ホントをまとめました!

mykee / 1917 view

関連するキーワード