妊娠したら何でむくむの?

妊娠すると赤ちゃんがお腹のなかで成長するにつれ、お腹が大きくなってきます。
その影響で足の付け根にある大きな血管が圧迫され、足から心臓に血液が戻りづらくなるのです。
その他「トイレが近くなるから…」「水を飲むとむくみそう」なんてことで水分摂取を怠ると血液の流れが悪くなり余計むくみが強くなってしまいます。

人によっては象のような足になる方も

8ヶ月近くになってくるとお腹の大きさとともにむくみも強くなることにより人によっては今まではいていた靴が入らず、歩くだけで痛みを感じることもあります。
夏はサンダルなどで乗り切る方が多いですが冬は困りますね。

大事な指輪が抜けなくなった

常に結婚指輪をされている方は少なくありません。
初期や中期の頃はむくみがそこまで強くなく、また手のむくみは足より感じにくいので指輪をしたままにされる方は多いかと思います。
ですが後期に入ると一気にむくむこともあり、指輪が抜けなくなってしまうことも起こりえますので心配な方は前もって外しておくことをオススメいたします。

むくみ対策

塩分の取りすぎに注意

塩分の取りすぎに注意

塩分はカリウムの働きにより尿や汗として排出されるのですが、摂りすぎてしまうとカリウムが追い付かなくなり、体の塩分濃度を下げようと水分を取り込みます。
その影響でむくみに繋がるんですね。
水分を飲まない、だはなく、塩分を控え、カリウムの多い食事を摂ると良いでしょう。

適度な運動を

適度な運動を

デスクワークで座った状態が長くないですか?
足の付け根がより一層圧迫され、むくみが強くなります。
ウォーキング、ヨガ、マタニティビクス、ストレッチなどで体を動かすことにより血液の流れをよくするようにしましょう。

足湯などで温めるのもgood

足湯などで温めるのもgood

どうしても足元というのは冷えがち。
冷えがあると血流も悪くなってしまうのでむくみやすくなります。
湯船で温まることはもちろんですが、のぼせやすい方は足湯などで足元を温めるようにしましょう。

ゆったりめな服を選ぶ

ゆったりめな服を選ぶ

タイトな服装よりゆったりとした服装を選びましょう。
今はマタニティ服もオシャレなものも多く着るのも楽しいですよね。
また、下着や靴下など体を締め付けるものが原因のひとつになることもあります。

妊娠線ケア予防ついでのマッサージ

妊娠線ケア予防ついでのマッサージ

オイルなどで妊娠線ケアされていますか?
その延長として足の先から太ももまで、手の先から脇の下まで優しくマッサージをしてください。血液を心臓に戻すイメージです。
もしご不安がある、なかなか思うようにできない、なんてときは妊婦専門のマッサージ院もあるのでプロにお願いしましょう。

むくみがひどくなる前に

むくみが強くなってからでは軽減させることは容易ではありません。
全て実践することは難しくてもできることを少しずつ始めてみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

待ちきれない出産予定日!みんなはいつくらいに生まれた?

子どもは必ずしも出産予定日に生まれてくるとは限りません。予定日はあくまで目安であり、その子の成長や状態によっ…

しおりーぬ / 1844 view

気分転換にしてみない?妊婦さんにおすすめの過ごし方

小さい頃、両親にゲームはダメだと言われた方も、妊娠中など体が辛くてストレスが溜まるような時には、ストレス解消…

KINACO / 1074 view

痛みを乗り越えてこそ母は強くなる!知っておきたい痛みを乗り越える心構え♪

いろんな分娩方法がある現代でも、痛みを経験しない分娩はありません。無痛や帝王切開、自然分娩、どれも辛く苦しい…

めぐ / 1202 view

関連するキーワード