効果を求める人ほどアロマテラピー?

もともとフランスではアロマは医師が治療のために処方するものとされており、アロマテラピストと名乗れるのは医師と薬剤師だけだそう。しかし日本に広まっているリラックスや美容が目的のアロマは主にイギリスから来たもので、目的が違うため、ブレンドの仕方や使い方も異なります。

そもそもアロマテラピーって何?

アロマテラピー(仏: aromathérapie[※ 1])またはアロマセラピー(英: aromatherapy[※ 2])は、芳香療法、香料治療である。実際様々な方法が行われているが、一般的には、精油(エッセンシャルオイル)、または精油の芳香や植物に由来する芳香を用いて、病気や外傷の治療、病気の予防、心身の健康やリラクセーション、ストレスの解消などを目的とする療法である。

妊娠中にアロマテラピーはできるの?

妊娠中にアロマテラピーができない、ということはありませんが、正しい知識を持って選ばなくてはいけません。また、個人で行う場合には安定期に入る20週〜の使用をお勧めいたします。

また、妊娠中はとても香りに敏感になる時期でもあるので、効果も大切ではありますが自分にとってリラックスできる香りを選ぶのかよいでしょう。

ラベンダーの精油って使っちゃいけないの?

リラックス効果も高いラベンダー精油ですが、妊娠中にはあまり使っちゃいけないといわれることも多い精油です。

どうして、ラベンダー精油を使ってはいけないのかというと、成分の中にリナロールに血圧を下げる働きがあると考えられているからです。
そのため、血圧が常に低い妊婦さんには使用を避けるべきではあるのですが、そうではない妊婦さんには特に使用不可な成分は多く含まれていません。

ラベンダースパイク・ラバンジンには注意。

ラベンダーの名称がついている精油でも、ラベンダースパイクやラバンジンは、カンファー(注意が必要なケトン類)を多く含有しているため、使用を避けるべきではあります。
学名がきっちり書いてある精油を使用するとよいでしょう。

妊娠中、こんな成分には要注意!

精油を購入する前に、どんな成分が入っているのか調べてみるとより知識が深くなりよいでしょう。

テルペン類の一部、アルデヒド類

容量や肌のコンディションにもよるが、皮膚刺激を感じやすいと考えられる。使用方法や希釈、塗布に注意をする。芳香には問題ない。
(レモン・レモングラス・シトロネラ・ユーカリレモンなど)

ケトン類

ケトン類に含まれる全成分ではなく、一部容量によって強く毒性を示すと考えられる成分。芳香は行わないように。
(ローズマリーカンファー、カンファーなど)

関連するまとめ

出産前に「これだけはしておいたほうがいい」ことって?

出産は一度経験してみなければ、どういった流れでどういったことが起こるのかわかりません。経験がない女性にとって…

めぐ / 882 view

NHKの朝ドラで話題「つわりに鍼」は本当に効くの!?

12/8放送のNHK連続ドラマ小説「あさが来た」でつわりで苦しむあさに「鍼師を呼ぼう!」というシーンがありま…

mykee / 5302 view

出産前しておきたい!会陰マッサージ!

「妊娠中にこれをしておけばよかった」と経験者が後悔することはたくさんあります。 そうは言っても、同じ出産は…

みき / 1672 view

nanako

セラピストをしています。